事業について

ISMAでは、自動車を中心とした輸送機器の抜本的な軽量化(半減)に向けて、主要な構造材料の高性能化とマルチマテリアル化技術開発を一体的に推進する事業「革新的構造材料等研究開発」を実施しています。本事業により、輸送機器の燃費向上によるエネルギー消費量とCO2排出量の削減、次世代自動車普及の加速、わが国の部素材産業やユーザー産業の国際競争力強化を目指します。

事業について

「革新的新構造材料等研究開発」とは

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて、ISMAが実施する事業(プロジェクト)です。
NEDOのサイトへ

研究内容

プロジェクト前半(2013~17年)は、金属材料に関しては強度と延性を両立する性能向上、熱可塑性CFRPに関しては車体/構造用部品への対応性の見極め、接合技術に関しては溶融接合や摩擦接合を活用した技術開発を行いました。プロジェクト後半(2018~2020年)は、前半の研究成果を踏まえてマルチマテリアル化を目指した技術や部品化の課題を解決し、自動車ホワイトボディのモデル化に関する検討を行うほか、実用化・事業化を目指した研究開発を推進しています。

2013-2017、2018-2022

自動車の軽量化技術開発は、従来技術の延長上で形状最適化が行われてきましたが、近年は高強度鋼材やアルミ材、CFRPなどの軽量材料を適材適所に配置するマルチマテリアル化が進み、高級車やスポーツカーで実用化されてきました。本研究では日本の技術を生かした量産車でのマルチマテリアル化を目指しています。

マルチマテリアル一例

構造材料の軽量化も重要な課題です。金属材料は強度を高めれば延性(伸び)が低下し、延性を向上させると強度が低くなる現象(バナナカーブ、左図)があり、本研究では、この相反する特性を同時に向上させる開発を進めてきました。また軽量化技術開発では、強度と延性に加えて強度や剛性を密度で割った比強度と比剛性を加味する必要があります(右図)。

構造部材特性
比剛性

研究開発体制

分担研究拠点(分室)

組合員(一部を除く)は、ISMA事業の分担研究拠点(分室)として研究開発の中心となって活動しています。

明石分室(川崎重工業)、尼崎分室(新日鐵住金)、伊丹分室(住友電気工業)、射水分室(三協立山)、伊予分室(東レ)、岡崎分室(三菱自動車工業)、追浜分室(日産自動車)、古河分室(セメダイン)、京都分室(島津製作所)、小牧分室(大日本塗料)、相模原分室(権田金属工業)、西神分室(神戸製鋼所)、高岡分室(タカギセーコー)、たつの分室(カドコーポレーション)、茅ケ崎分室(東邦チタニウム)、つくば千現分室(物質・材料研究機構)、千年分室(UACJ)、千葉分室(JFEスチール)、つくば小野川分室(産業技術総合研究所)、つくば中央梅園分室(産業技術総合研究所)、つくば中央東分室(産業技術総合研究所)、豊橋中原分室(福井ファイバーテック)、長洲分室(不二ライトメタル)、名古屋大学集中研分室(名古屋大学)、名古屋守山分室(産業技術総合研究所)、夏島分室(日産アーク)、芳賀分室(本田技術研究所)、浜松アクト分室(アルモニコス)、浜松分室(スズキ株式会社)、日立分室会瀬(日立パワーソリューションズ)、日立分室大みか(日立製作所)、日立分室安来第1(日立金属)、日立分室安来第2(日立メタルプレシジョン)、平塚分室(日本パーカライジング)、広島分室(マツダ)、深谷分室(UACJ)、富津分室(新日鐵住金)、三島分室(帝人)、瑞穂分室(IHI)、横須賀分室(住友重機械工業)、横浜磯子分室(IHI)、横浜金沢分室(総合車両製作所)(五十音順、2018年4月1日)

研究再委託先

分担研究拠点(分室)である組合員が大学や研究機関などに研究の一部を再委託する形式で連携し、研究開発を進めています。

秋田大学、茨城県工業技術センター、茨城大学、岩手大学、大阪工業大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、木ノ本伸線、岐阜大学、九州工業大学、九州大学、京都大学、近畿大学、群馬大学、高エネルギー加速器研究機構、神戸大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、上智大学、高砂工業、中部大学、帝京大学、東京工業大学、東京大学、東北大学、東レエンジニアリング、戸畑製作所、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、ナガセケムテックス、名古屋大学、日本大学、日本マグネシウム協会、日立化成、兵庫県立大学、広島県立総合技術研究所、広島大学、ヒロテック、ファインセラミックスセンター、富士電機、北海道大学、ミリオン化学、名機製作所、山形大学、横浜ゴム、理化学研究所 (五十音順、2018年4月1日)

連携体制

ISMAでは、内閣府が実施する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP):革新的構造材料」、文部科学省が実施する「元素戦略プロジェクト〈研究拠点形成型〉:構造材料領域」と連携して研究開発を進めています。

PAGE TOP